自己破産以外の債務整理方法って?任意整理・個人再生について

自己破産以外の債務整理方法はあるの?

借金生活に悩まされる方にとって、毎月の返済が生活を大きく圧迫していることが精神的な焦りやストレスになることは多いと思います。

 

何らかの理由で自ら作ってしまった借金ですので自業自得と言われてしまえばそうなのですが、返済金を少なくする・借金を無くすなどの法的な措置を考えたことはありませんか?

 

最終的な手段として挙げられるのは、自己破産です。
自己破産は裁判所にて免責許可が下りると、借金が全て無くなります。
返済能力がない方にとっては、最大級の措置と言えます。

 

しかし、自己破産を申請しても免責許可が下りないという場合もあります。
申請すれば誰しも借金が免除されるという甘いものではないのです。

 

そこで、今回は自己破産以外の債務整理方法である任意整理・個人再生についてのメリット・デメリットをまとめたいと思います。

 

任意整理のメリット・デメリット

任意整理とは、弁護士や司法書士が介入し借入先と交渉を行って未来分の利息をカットした金額を3〜5年かけて返済していく方法を言います。

 

この時に払い過ぎた利息である過払い金がある場合には、そちらを差し引いた金額を分割していきます。

 

メリット
  • 裁判所を通さないので、手続きが比較的簡単
  • 自己破産申請などで免責不許可になった場合でも任意整理は出来る
  • 将来の利息分をカットし、かつ分割なので自分の許容範囲で確実に返済することが出来る
  • 複数の債権のうち、一部だけ整理することも可能

 

デメリット
  • 向こう5〜7年間は新たなクレジットカード・ローンは組めない
  • 自己破産のように借金が無くなるわけではないので、返済をしていかないといけない
  • 近年。任意整理に応じない会社も増えている

 

個人再生のメリット・デメリット

個人再生とは、任意整理では返済は出来ないけれども自己破産までは必要ないという方・持家はそのまま残してその他の借金を整理したいという方が多く利用する方法です。

 

裁判所に返済の計画が認められれば、借金額が5分の1になり、それを3〜5年かけて返済していく方法です。

 

メリット
  • 返済金額が大幅に減る
  • 持家を維持できるので住むところは確保される
  • 家族・親族に迷惑が掛からない(連帯保証人になっていない限り)

 

デメリット
  • 手続きが複雑なので、弁護士・司法書士に依頼することになる
  • 向こう5〜10年はクレジット・ローンが組めない
  • 一定の収入がないと制度自体を利用することが出来ない
  • 国の機関紙である「官報」に住所と名前が記載される

 

このように、任意整理・個人再生ともにメリット・デメリットがあります。
どの方法で債務整理をしても構わないのですが、それぞれの条件がありますので注意が必要です。

 

個人で手続きするのは難しいので、弁護士・司法書士に依頼するのが望ましいでしょう。