自己破産をしてから免責がおりるまでどのくらいの期間・時間がかかる?

自己破産してから免責許可が下りるまでの期間や時間とは?

やむなく自己破産を行うことになって弁護士や司法書士に依頼して手続きを行った場合、裁判所から免責の許可が下りるまで、あなたの心は不安と心配で居ても立ってもいられないでしょう。

 

良い結果が早く出て欲しい…そう誰もが願うと思いますが、実際のところどのくらいの時間が掛かるのでしょうか。

 

今回は自己破産をしてから免責が下りるまでの時間についてお話したいと思います。

 

自己破産の種類と掛かる時間

自己破産にも、「同時廃止」と「少額管財」という2つの方法があります。

 

「同時廃止」とは20万円以上の財産がない場合で、返済に充てるだけの財産が見込めない場合にとられる措置です。
この場合には、調査する財産がないためにそれほど時間も掛かりません。

 

裁判所に提出する陳述書・場合によっては反省文を、正直に誠意を持って記せば多くの場合3ヶ月〜半年で結果が出ると言われています。

 

「少額管財」とは、20万円以上の財産があり、その財産を返済の一部に充ててから自己破産を認めるという方法です。
「少額管財」の場合には、財産をリストアップして1つ1つ調査する必要がありますので、時間が掛かります。

 

会社の倒産などの場合には、相当な時間が掛かると言っても過言ではありません。
1年程度の長期戦を覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

時間を短縮するためのポイント

なるべく早く結果を出すためには、弁護士や司法書士など専門家の力を借りることが1番です。
お金が掛かるからと言って自分で申し立てを行う方もいらっしゃるようですが、相当な知識を備えていないと素人では太刀打ちできない場面も多々あると思います。

 

準備に時間が掛かると、その分結果が出るまでに時間が掛かりますので費用を惜しまない方が無難でしょう。
また、会社の倒産・財産がある場合は弁護士に依頼した方が確実に早く終わります。
司法書士では代理権がないために手続きが複雑化することもあり、時間短縮のためには弁護士への相談をおすすめします。

 

このように、自己破産は数ヶ月で終わる場合もあれば1年単位で時間を要するものもあるということを覚えておいて下さい。
今までの自分を反省する時間と捉えて、前向きに過ごしていきましょう。